変わりゆくアフィリエイト業界~アフィリエイトの現状~

 
アフィリエイト現状
 

アフィリエイト業界の現状

近年のアフィリエイト業界は、従来からの広告提供者がサイトを増やし、
新たな参入者が増加した結果、ユーザー獲得の競争は激しいのが現状です。
 
また、サイトの数が爆発的に増えたので、競争は熾烈になり、
単純に数を増やせば稼げる時代ではなくなっています。

 

複数のサイトを保有したり、少しずつ増やして稼ぐ方法は珍しくありませんが、
同じ手法を使う人が犇めき合う現状なので、
これからは頭を使ってユーザーを増やす必要があります。
 
膨大なユーザー数を有して、桁違いの利益を出している大手は、
既存の獲得ユーザー自体が財産になります。
 
しかし、この先アフィリエイトを始める場合は、一からユーザーを獲得したり、
固定客として定着させることが必要です。
 
アフィリエイト業界では、広告が収入源になりますが、
表示される広告に慣れた閲覧者は広告を嫌う傾向が出ています。
 
その結果は、広告の閲覧収入が減少して、インターネット広告の
利益縮小を招いている現状もあります。
 
一方では、動画広告に人気が高まっていたり、分散するサテライト的な手法ではなく、
人が集まる場所に広告を出す方法が注目されます。
 
動画サイトの広告自体は、クリック単価が減少していたり、
こちらも競争が激化しているので、簡単に人を集めることは難しくなっています。
 
ただ、人の興味を刺激したり、価値のあるコンテンツを供給出来れば、
今からでも十分に利益を生み出せる可能性はあります。

 

アフィリエイト業界の現状は、従来からの手法が通用しなくなり、
数よりも質で勝負する時代に突入し始めています。
 
小さな広告を掲載するだけでも、そのサイトは見ないというユーザー層も発生しているので、
本当に広告を見てもらうことが難しい時代になっています。
 
特に、ブラウザ向けの広告無効化プラグインは、ユーザーが何も手を加えなくても、
自動的に広告が無表示にされます。

つまり、広告の無効化に対抗する必要もあるので、対応コストや手間が増加しているといえます。
 
現状を再確認すると、稼ぐのが難しくなっている実感と出来ますが、
諦めるにはまだ早いですし、時代の変化と流れに乗ることで勝者になるチャンスが得られます。
 
少なくても、アクセス数が必要なのは間違いなく、例え単価が下がっているとしても、
多くのユーザーを惹きつけることが重要です。
 
急激にアクセスを増やすのは困難ですが、少しずつ着実に増加させることが出来れば、
次第に利益は増加傾向に結びつきます。
 
広告掲載を始める時、大切なのはターゲットを絞り込むことで、
テーマやユーザー層を設定する必要があります。
 
大衆的なジャンルは、様々な年齢層に訴求する力があるので、
情報を蓄積して価値を高めれば、それがユーザー数の増加と利益に発展します。
 
隙間と呼ばれるニッチな市場は、確かに利益を生み出す余地はあるものの、
ユーザーという市場自体が小さいので、収入を得る為の難易度は高いと考えられます。
 
成功のポイントとしては、濃厚な記事を沢山書き続けたり、
地道な努力でサイトの価値を磨くことにあります。

 

昨今のアフィリエイト業界は、利益をいかにして増やすかだけではなく、
サバイバル的に生き残る側面も色濃くなっています。
 
インターネットはユーザーが増えているので、
広告市場自体も大きくなるはずですが、実際は広告掲載が活発になり過ぎて、
一人あたりの利益は減少している見方が出来ます。
 
新しい価値を生み出したり、付加価値をつけてコンテンツを供給するのは、
必ずしも利益に繋がる保証のない骨が折れる手間です。

 

現状を鑑みたアフィリエイト業界では、既存のコンテンツを流用して、
グレーな広告掲載を行うサイトも現れています。
 
所謂コピーサイトなので、検索エンジン的な評価は下がりますが、
一度人気を獲得してしまうと、定着したユーザーが利益を発生させる切っ掛けになります。
 
このやり方の特徴は、コンテンツ作成コストが非常に低くいですが、
検索エンジンの構造が変わり、評価の手法が変更されると価値は失われる恐れがあります。
 
コピー元がオリジナルを主張したり、コピーコンテンツに問題があると
訴えられるリスクもあるので、おすすめすることが出来ない方法です。

 

価値が少なく魅力が薄いコンテンツは、数で勝負する手間があるので、
アフィリエイト業界はコンテンツあたりの価値を高める方向にシフトしています。
 
鮮度の高い情報は、一見すると魅力的に感じられますが、
時間が経っても古くならない情報の方にこそ、長期間広告利益を生み出す価値はあります。
 
競争相手が少ないのも重要で、相手が公開する情報と内容が被ることなく、
オリジナル性の高いコンテンツなら人気を得ることが出来ます。
 
これだけ労力が必要なことが分かると、旨味は減っていると思われますが、
記事の作成を外注したり、協力してサイトの価値を高める仕組み作りは今でも有効です。
 
繰り返し何度も見てもらえる情報は、今後も数十年単位で残り続けるので、
リピート率に注目を行い、何回見ても飽きないコンテンツを作ることが
利益を求める際のヒントになります。

 

  • 2015 07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業アフィリエイト
  2. ネットで稼ぐ方法
  3. 1億円
  4. アフィリエイト
  5. 2017
  6. ブログアフィリエイト

管理人



つい最近まで副業アフィリエイターでした。
今でこそアフィリエイトで
月200万円前後を安定し稼いでいますが・・

実は、デジタル音痴のアナログ人間なんです!

そんな私が、なぜネットビジネスで
稼げるようになったのか?

このブログでは、私が実践した戦略や手法を
公開しています。





ランキングに参戦中!お願いしますww
人気ブログランキング

次世代型サイト作成ツールSIRIUS