仮想通貨(ビットコイン)って何ですか?

仮想通貨のビットコインとは?

本日は、ビットコインとは一体何?という事で少し書いてみようと思います。

ビットコインを一言で言い表すのなら「仮想通貨」なわけで言葉通り仮想空間の中で利用する通貨です。

コインや通貨というワードが頻発しているように、お金と同等の扱いになっていて、ドルや円と変わらず使えます。そのため、数える際や管理する時の単位があり、単位も同じくビットコインという名称が採用されています。

ただし、仮想空間で使用するといった特性からもわかるように、一般的な通貨とは違い手に取れるものではないですし、物理的に姿形があるわけではありません。

時折、テレビメディアやウェブサイトの写真に丸い硬貨に頭文字が刻まれたコインが目に入りますが、あくまでもわかりやすくするためのイメージであり実際には存在していません。

ビットコインで稼ぐ方法

近年出てきた全く新しい仕組みなので、捉えるのが難しく感じてしまう人も少なくないですが、わかりやすいのはオンラインゲームなどでストーリーの中で使用していく通貨というイメージです。

ストーリーの中でキャラクターなどが使っている金銭的価値のあるものが入手できたのなら、お店などでより一層強くなれるアイテムやスムーズに進めていける物が買い揃えられます。

そうした様子と同じことが現実空間にも浸透しつつあるのですが、他にも似ているタイプとしては特定のショッピングサイトのみで付与されて消費できるポイントにもよく似ています。

しかし、根本的な仕組み自体は似ているもののビットコインが、従来の物事とは圧倒的に違うのは、存在する理由という極めて基礎的なところです。

定められた作品やショッピングサイトで決済時に充てられる得点は、各々の企業が主体になっているので、他社との兼ね合いは一切ありません。

一方でビットコインは国単位で運営管理しているものと同一なので、参入する企業が増えればどこでも充てられますし、動きにより経済活動になります。

発達段階ではあるものの、今日特に注力されていることは、クレジットカードのように世界中のあらゆる所で難なく利用可能にすることです。

日本の企業も続々と参入しており、ビットコイン決済を導入しているところも増えています。

硬貨と紙幣が無いものの代わりとなるのが、現代では一人一台は持っているスマートフォンやコンピュータであり、情報通信機器がお財布の代わりとなって物事の売買が実行されるようにプログラムされています。

電子マネーと仮想通貨(ビットコイン)は全く別のもの

さらに、わかりやすく説明を求められた時に、従来式の電子マネーになぞらえる人も多く見られますが、混同してしまうのは誤りです。

電子マネーというのはお金を使わずにデータのやり取りを実行することで電子的に決済を完了させる手段であり、具体的な決済方法はオンライン上や非接触型に分かれています。

つまり、元々物理的な金銭がありそれらを専用の機器を使ってデータ化させているに過ぎないというわけです。こうした様子から結局円を取り扱っているに過ぎませんが、ビットコインは駅や商業施設にあるマシンでチャージする必要性は皆無です。

両替という形でビットコインにした後は海外に送金するのでも手数料がかからない上に、制限も設けられていないのです。

仮想通貨(ビットコイン)は、専用の取引所で売買

ビットコインの売買や送付などするときは全て取引所での操作になります。

国内でも多くの取引所がありますが、特にビットフライヤーやビットバンクなどが有名ですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
※登録には一切費用は掛かりません。

ここ1年の間に、ビットコインの相場は数十倍となっており、今後も高くなっていくことが予想されますので、目が離さない市場ですね。

また、ビットコインを使って稼ぐと言えば、当サイトでも紹介しているビットコインで稼ぐ方法BMCです。

そのノウハウでは、ビットコインを含む仮想通貨の基礎から、具体的に稼ぐ方法まで学べるものですので、知識がないけどはじめてみたい!という人にはお勧めです。

小川雅弘:ビットコインで稼ぐ方法BMCのノウハウ内容とは?

2017.07.05
ネットビジネスに関する質問や相談は気軽に連絡ください!
問い合わせはこちらからお願いします。
 

デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

ブログでは一切公開していない情報や実際に私が稼いでいる方法など様々な情報を配信しているメルマガもございますので是非ご登録もお願いします。
デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です