Yahooプロモーション広告の広告掲載基準の変更と対応について※PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイト:広告掲載基準の変更とその対応

2018年4月18日よりYahooプロモーション広告において広告掲載基準の変更を実施するとの案内が配信されています。

まあ、要するに・・・ペラサイトでは今までより審査が通りにくくなるわけで、サイト作成にもうひと手間かける必要性が出てくるようです。

という訳で、追加されるNG条件などを具体的に見ていきます。

広告の有用性について

  • (1)広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
  • (2)アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
  • (3)正確性・信憑性に欠けるもの
  • (4)その他、ユーザーにとって有用性の低いもの
  • (5)訴求する商品やサービスの公式のサイトのように見えることで、ユーザーを惑わすおそれのあるもの
  • (6)以下のような手法でユーザーの意図しないサイトへ誘引するもの
    1.「公式」の文言を用いるなど
    2.訴求する商品名やサービス名を伏せる
  • 現基準の「広告の関連性について」の(1)(2)を、「広告の有用性について」の基準へ移動し新たに、正確性・信憑性に欠けるものを掲載不可能とする基準を(3)に追加されます。

    (1)~(3)には該当しないものであっても、有用性が低いものは掲載不可となるため(4)も追加

    変更による影響
    これまでも有用性の低いサイトは掲載不可としていましたが、新たに有用性の低いサイトの定義を明文化した基準項目が追加となったため、掲載不可に影響があります。

    (1)広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
    広告主、つまり、私たちの事ですが今後、独自コンテンツに乏しいサイトは掲載不可になっていく、または、配信が停止されるようになります。

    私も含めですが、公式ページの縮小版みたいなペラサイトで掲載している人も多いと思いますが、これからは、公式ページでは入らない情報を取り入れていく必要性があります。

    (2)アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
    これは、アドセンスPPCって事ですね。今後は、アドセンスPPC広告のアカウントはさらにアカウント停止の可能性が非常に高くなってきそうです。

    (3)正確性・信憑性に欠けるもの
    根拠のない情報や大げさな表現(誇大表現)検索ユーザーが間違った判断をしてしまうような表現などを厳しく精査されます。

    (4)その他、ユーザーにとって有用性の低いもの
    この項目が、今回の重要的な部分で簡単に言えば、検索ユーザーにとって意味のないサイトは掲載しないという事です。

    例えば、公式ページに記載しているような事しか書いていなかったり、ユーザーの調べたい情報が記載されていない‥

    つまり、検索ユーザーが本当に知りたい情報に行き着くまで無意味なサイトは遠回りになるだけなので必要がないという解釈で掲載不可・停止になる可能性が高くなります。

    (5)訴求する商品やサービスの公式のサイトのように見えることで、ユーザーを惑わすおそれのあるもの
    これは、「公式ページとうり二つのような広告ページ(LP)」は駄目という事です。

    (4)その他、ユーザーにとって有用性の低いものと同じような内容ですが、検索ユーザーにとって全く無意味であるサイト、公式ページと同じ内容のサイトを経由するのは検索ユーザーの本意ではないとの判断です。

    (6)以下のような手法でユーザーの意図しないサイトへ誘引するもの
    誘導部分のリンクについてですが「公式サイトはこちら」などの文言を利用している方も多いのではないでしょうか?これが、アウトに‥「公式」の文言が不可になります。

    Yahooプロモーション広告掲載基準変更の対処方法

    変更箇所を確認すると、結局は検索ユーザーに無意味なサイトを排除するという事になります。

    公式ページに掲載されている画像や文言をただコピーしたようなサイトは変更時期を境に停止されるわけなので対処するには、広告LPにオリジナルの内容を盛り込むようにしましょう。

    公式ページの画像や文章を丸写しではなく公式ページでは入手できない情報を盛り込むようにしてください。

    現段階で、私は出稿中の広告に口コミ情報などを徐々に盛り込んでいっています。

    また、「公式サイトはこちら」‥の誘導リンクは駄目になるので「〇〇〇の詳細はこちら」のように公式という文言を含めない事と誘導(リンク)先が明確にわかるようにするようにします。

    どうしても、公式サイトの文章を使いたい場合、確実にリライトをし完全に自分の文章に変換して下さい。

    リライトする場合、以下のツールなどを利用すると作業時間を短縮させることが可能です。

    Yahooプロモーション広告※PPCアフィリエイト今後の流れ

    私も驚くほどしょぼいページで利益を得ている広告も多いですし、いつも広告出稿する際に初めから最大出力サイトを作成することはないので適当なペラサイトで手答えをみる事は多々あります。

    しかしながら、今からは常に検索ユーザーにとって価値のある個性的なコンテンツを最初のステップから取り入れて行かないと、今後は広告を操作しづらくなります。

    従来よりもはじめの広告出稿が厄介になりますが意識して内容を記載しておけば問題なく継続してこれまで通り広告掲載が可能です。

    勿論、これから先、対応できない人やその方法を知らない人は、脱落していくわけなので、今後今以上に稼げる可能性も高くなりますので現状より少し面倒になりますがしっかり対応していきましょう。

    また、広告掲載基準でアフィリエイトサイトの広告表現が削除されます。

    従来は、広告の説明文に/提携をアフィリエイトサイトだと認識させるために入れていましたが、変更後は必要なくなります。

    以上が、2018年4月18日より施行される変更点とその対応となります。

    不明な点や質問などは個別に対応しますので気軽に連絡ください。
    問い合わせはこちら
    ※情報商材などの相談や質問も気軽に連絡くださいね。

    デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

    ブログでは一切公開していない情報や実際に私が稼いでいる方法など様々な情報を配信しているメルマガもございますので是非ご登録もお願いします。
    デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です