Yahooプロモーション広告※規約・仕様変更※特定商取引法について

山本です。

2018年1月よりYahooプロモーション広告の特定商取引法について運営者氏名の記載が必須となりました。

これまでは、特定商取引法の運営者欄には屋号やサイト名を記載すれば問題なかったのですが、運営者側の氏名が記載されていないサイトは今後審査が通らなくなります。

Yahooの規約違反や不正行為を行うアカウントを排除する為だと思われます。

上記のような理由から審査落ちする場合は、運営者側の氏名が原因の可能性が極めて高いと言えます。

勿論、氏名をしっかりと記載すれば問題ありませんが、個人名を記載するのは抵抗がるという人も多いと思います。(法人アカウントの場合は、個人名の記載は不要です)

 

まあ、個人名はどうしても避けたいという場合の対処法としては、検索エンジンにインデックスさせないようにするというのが一つの方法です。

WordPressを利用している方は、メニューの設定から表示設定⇒検索エンジンでの表示にチェックを入れ更新を保存すれば、個人名で検索しても結果には表示されません。

Yahooプロモーション広告の規約に沿った対応(運営者欄に個人名)が、本来の対応と言えますが、個人名の記載に抵抗を感じる方は少なくありません。

先ほどの対処法は、あくまでも検索結果に表示させないためのものであり、特定商取引法には個人名を記載する必要があります。

個人名を記載しない対処法を考えてみた結果、数種類の対処法が思い浮かびました。ただ、中には少しグレーな対処法もありますので一応ここでの公開は控えさせて頂きます。

どうしても特定商取引法に実名を記載したくない・・・という方は、個別に対処法を教えますので連絡して下さい。
問い合わせはこちら

デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

ブログでは一切公開していない情報や実際に私が稼いでいる方法など様々な情報を配信しているメルマガもございますので是非ご登録もお願いします。
デジタル音痴でも稼げるアフィリエイト戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です